-

民事再生は住宅ローンなどもある多重債務の問題に困っているひとを対象とした、住んでいる家を維持したまま金銭的に再建するための法的な処理方法として平成12年11月に適用されるようになった解決方法です。

破産みたいに免責不許可となる条件はないために浪費などで債務が増えたような場合でも民事再生は可能ですし破産により業務の停止になってしまうような業界で働いている人でも民事再生手続きは行えます。

破産の場合はマイホームを残すことは考えられませんし、特定調停等では、元金は完済していかなくてはなりませんので、住宅のためのローンも払いつつ完済するのは実際問題として困難だと考えられます。

ただ、民事再生という処理を採用することができれば、マンション等のローンを除いた負債は多くの場合において減額することが可能なため、十分に住宅のためのローンを返済しつつそれ以外の負債を返済し続けるようなこともできるといえます。

民事再生による解決は任意整理による手続きや特定調停といった方法と異なってある部分だけの借り入れを除いて手続きを行うことは不可能ですし破産手続きに適用されるように借金それそのもの消えるということでもありません。

さらには、そのほかの手続きと比較するとある程度簡単には進まず手間が必要ですので住宅のローンがありマンションを手放したくない状況などを除き破産手続きのような他の選択肢がない場合のあまり優先したくない手続きと見ておいた方がいいでしょう。