-

商店で全部の保有カードが使えるのでもない■クレカの加盟店舗は大抵、多くのクレジットカード会社と契約しているんですが不便なことにどれものお店でどれもの運営会社のカードが使用可能なわけではありません。

一例をあげると以前からある商店のときはJCBマークの入ったカードしか決済不可な状況もあるし最近できた商店なんかではVISAやマスターの印の書いてあるやつのみしか決済不可な場合もよくあります。

ダイナースクラブカードといったカードならば、もっと使用できないショップが多いでしょう。

どの印の所有クレジットカードが切れるかをいかなる方法で見分けるといいの?「だったらいかにして何のロゴの所有クレジットカードが決済できるかを見分けるといいのか?」といっても確実に知るのだったら店舗の誰かに確認してみる以外ないというのが残念だけどその回答です。

とはいえおおよその店や料亭には店舗の入口の部分に使用可能なカードのロゴが書かれた加盟ステッカーが掲示されているため、「ふーん、あの店舗ではライフカードが使用できるんですね」というのが困らないようになっているし頭に入れておいていただけるとよいと思います。

というものの、ちゃんと契約管理が出来ていない加盟店舗で使用する際にはロゴが貼り付けられているお店でも「今は○○カードは決済いただけません」なんて回答を受ける場合もないわけでもなくメンツをつぶされてしまうことだけは避けたいところです。

お勧めとしては可能な限り十分な数の加入店で使えるようにする目的で異なる種類のマーク(国際印)がプリントされた一般的なビザカードマスターカードJCB、ダイナースカード、などのクレカを2枚以上は財布に入れておくようにするとよいでしょう(例として:ライフカードを契約しているなら二枚目はMasterCardがついているクレカを使用するといった方法)。

国内ではVISAカード、マスターカード、JCBの入っているカードをいつも所持していれば、だいたい日本各地のカード決済可能店舗でどれかしらのカードを決済するようスタンバイOKということになります。

クレジットカードを活用して有効的にマイル取得を目指すためには、言うまでもないが別々のクレカを申し込んでおいて損はないと思います。